ロレックス エクスプローラ 辞典

 TOP > 進化と歴史

ロレックス エクスプローラ I の進化と歴史
 ・エクスプローラ I 進化
 ・エクスプローラ I 歴史 
ロレックス 現行エクスプローラ II の進化と歴史
 ・エクスプローラ II 進化
 ・エクスプローラ II 歴史


ロレックス エクスプローラ I 進化
年代順にモデルと搭載されていたムーブメントを紹介しています。


Ref.6350

Ref.A296
1953年頃
ロレックス エクスプローラ
Ref.6350
搭載ムーブメント Cal.A296
ロレックス エクスプローラーとして初めてカタログに掲載されたのが、このモデルです。ただファーストモデルとは言い切れません。創生期は様々なダイヤルの種類が存在し多くのバリエーションが確認されているからです。このモデルは、エクスプローラの基本スタイルが確立された最初のモデルと言った方がいいのかもしれません。
ムーブメントは、自動巻きクロノメーターのCal.A296を搭載。傾斜角度のきつい分厚いローターを装備し、ケース内には納まりませんでした。そのためケースはセミバブルバックで、裏蓋が膨らんでいます。
↓↓

Ref.6610

Ref.1030
1954年頃〜1960年代
ロレックス エクスプローラ
Ref.6610
搭載ムーブメント Cal.1030
フラッシュバックケースが実現した初めてのモデルです。ダイヤルはエナメル調のミラーダイヤルで、サークルラインにゴールドカラーの針とインデックスが特徴的です。50年代のエクスプローラを代表するモデルとも言えるでしょう。。
ムーブメントは、世界初の両方向回転巻き上げ式のCal.1030へと変更になり、巻き上げ効率がアップしました。
↓↓

Ref.1016

Ref.1560
1963年頃〜1972年頃
ロレックス エクスプローラ
Ref.1016
搭載ムーブメント Cal.1560
ノンハックモデルの前期エクスプローラ。初期モデルにはミラーダイヤルが採用されていましたが、途中から変更となりデザイン的には後期モデルと変わらないモデルとなりました。
ムーブメントは、ハック機能がないCal.1560。
↓↓

Ref.1016

Ref.1570
1972年頃〜1988年
ロレックス エクスプローラ
Ref.1016
搭載ムーブメント Cal.1570
ハック機能を搭載した後期エクスプローラ。前期モデルから引き継がれたデザインは、ロングセラーモデルとなりました。また生産終了間際の最終シリアルがRやLナンバーは、非常にレアモデルとされ、現在でも高値相場となっています。
ムーブメントはハック機能搭載のCal.1570。秒単位の時刻合わせが容易になりました。またこのムーブメントは、当時、3針の自動巻きムーブメントの最高傑作と称されています。
↓↓

Ref.14270

Ref.3000
1990年〜2000年
ロレックス エクスプローラ
Ref.14270
搭載ムーブメント Cal.3000
メタル枠の付いたインデックスに変更され、風防もサファイヤクリスタルとなりました。現行モデルとデザインはほとんど変わりませんが、細かな変更が随時行われており、バックルがシングルロックからオイスターロックになり、6時位置のインデックス表記も「T SWISS-T」から「SWISS」、生産終了直前には「SWISS MADE」に変更されています。また初期生産分にレアとされるブラックアウトが存在します。また、
ムーブメントはCal.3000で、振動数が毎時2万8800振動のハイビートとなりました。
↓↓

Ref.114270

Ref.3130
2001年〜現在
ロレックス エクスプローラ
Ref.114270
搭載ムーブメント Cal.3130
現行のエクスプローラ。風防の6時位置に王冠マークの透かしが入り、フラッシュフィットも一体型となりました。発売当初は激しいプレミア価格となっていましたが、現在は落ち着き購入しやすいモデルとなっています。
ムーブメントはCal.3130で、ブリッジが2本となり、ローター部分がシンプルに。これによりメンテナンスがしやすくなりました。
振動数はCal.3000同様、毎時2万8800振動のハイビート。

ロレックス エクスプローラ I history
エクスプローラ I がカタログに載ったのは、1953年頃のRef.6350が初めてです。1953年と言えば、イギリス遠征隊のエドモンドヒラリー卿がエベレストに初登頂した年としても有名です。もともと遠征隊のスポンサーだったロレックスは、この大偉業をPRにしてエクスプローラ I をアピールしました。やがて2代目エクスプローラが登場します。Ref.6610です。このモデルはムーブメントも変更になり、巻き上げ効率が大幅に向上しました。そして1960年代に入り、エクスプローラの代表格とされるRef.1016が登場します。このモデルはハック機能が付いているモデルと付いていないモデルで前期と後期に分けられます。人気がある後期はハック機能がついたモデルで、特に生産終了間際の1988年頃に製造されたリファレンスナンバーの頭文字が、RやLで始まるモデルは非常にレアとされ高値で販売されています。その後1990年代に入ると、Ref.14270が登場します。90年代に巻き起こったロレックスブームの火付け役とも言えるモデルです。このモデルには、生産当時ブラックアウトと呼ばれる珍しい文字盤が存在します。やはり、こちらも高値で販売されています。2000年頃まで製造されていたこのモデルですが、ムーブメント変更により生産終了となり、現行のRef.114270が登場し今に至ります。

ロレックス エクスプローラ II 進化
年代順にモデルと搭載されていたムーブメントを紹介しています。


Ref.1016

Ref.1560
1972年〜1987年
ロレックス エクスプローラ II
Ref.1655
搭載ムーブメント Cal.1575
エクスプローラ II の初代モデル。昼と夜を区別するためのオレンジ針は、イエローも存在します。現在とは違い、発売当初は人気が出ず、市場に出回る流通量も非常に少ないモデルでした。その後ロレックスブームにつれ、価格が高騰し2005年には100万円を突破。さらに上昇傾向です。
ムーブメントは、エクスプローラのCal.1570にデイトと24時間針の機能を追加したCal.1575が採用されています。
↓↓

Ref.16550

Ref.3085
1988年〜1990年
ロレックス エクスプローラ
Ref.1016
搭載ムーブメント Cal.1570
約2年間のわずかな期間だけ製造されたRef.16550。文字盤は白と黒と画像のアイボリーが存在します。このモデルから、短針の単独可動によりGMT機能が付加。エクスプローラ II では同時に2ヶ所のタイムゾーンを知ることができるようになりました。デザインですが、現行モデルとほぼ同じですが、ベゼル上の数字が力強い印象を与えます。
ムーブメントは、Cal.3085。
↓↓

Ref.16570

Ref.3185
1991年〜現在
ロレックス エクスプローラ
Ref.16570
搭載ムーブメント Cal.3185
1991年から生産されている、現行 Ref.16570です。白と黒の文字盤があり、スポーツモデルの中でも高い人気を誇っています。当初に比べると、細かなは変更点はあるものの、大きなデザイン変更は行われていません。
ムーブメントは、テンプがツインブリッジとなりメンテナンス性が向上しています。

ロレックス エクスプローラ II history
エクスプローラ I の上位機種として誕生したのがエクスプローラ II です。昼と夜を区別する針を搭載することにより、より探検用の時計として用途が広がりました。1972年に登場したこのモデルは、現在の人気の1つとしてデザインがあげられます。そのデザインは70年代を彷彿させ非常にすぐれたデザインと言えますが、発売当初の人気はありませんでした。結局、生産が終了するまでの間、大きくスポットがあたることはなかったのです。やがて、1988年に2代目のRef.16550が登場します。このモデルからGMT機能が搭載され、デザインを大幅に変更し、現行に非常に近いエクスプローラ II に仕上がっていますが、2,3年の間のみの生産で中止となりました。その為、希少性の高いモデルとも言われ、特にレアだと言われているアイボリー文字盤はこのモデルだけに存在します。
1991年になり現行のRef.16570が登場します。Ref.16550のデザインと大きな変更はないものの、ムーブメントが進化し現在まで製造され続けているロングセラーモデルと言えます。


その他のモデル
▼スポーツ
ロレックス デイトナ
ロレックス エクスプローラ I
ロレックス エクスプローラ II
ロレックス サブマリーナ
ロレックス シードゥエラー
ロレックス ヨットマスター
ロレックス GMTマスター

▼スタンダードモデル
ロレックス デイトジャスト
ロレックス エアキング
ロレックス デイデイト


▼お薦め時計店
ロレックス専門店クォーク

▼お薦め個人サイト
ロレックスの賢い買い方

▼その他のお薦めサイト
ロレックス オフィシャルサイト
ウォッチファンドットコム
ロレックス修理専門会社
クラウンマイスターズ

ロレックス買取センター